失敗しない不動産売却は売値の妥協点を作っておく

物事にはタイミングというものが付き物です。

タイミングがよければ、全てがうまくいく。このようなことを言っても、決して大げさではないほど、重要なものです。

不動産売却でもタイミングは本当に重要なもので、逃すと望むように売れないという状況にも。



具体的には、不動産を実際に売却するタイミングのことです。

例えば、買い手が不動産に興味を持ってくれて、2,500万円であれば買います。となったとしましょう。

ですが、あなたの希望額は2,800万円だった場合、300万円もの差があるため売るとなると、なかなか難しいところですよね。

結果、この話を断ったとします。

その後、全く買い手が付かず最終的には2,000万円で売却となる。

最終的には500万円の損をしてしまい、2,500万円のときに売買契約を結んでおけばよかったと後悔する失敗パターンです。



平たく言えば、売り時を誤ったため大きな損をしてしまったということです。

正直なところ、この判断は難しいので上手くいかないことが多いかと思います。

プロの不動産業者でも見極めは難しいでしょう。



ただ、大事なことは、あまりにも頑なに希望額で売れることを待っていると、いつまで経っても売れないという状況があるということです。

希望額は目指しつつも、妥協点を合わせて作っておくと、スムーズに売却をすることができると思います。

こればかりは、タイミングや運の要素もあるので、自分自身の中で天秤にかけて決めるほかありません。